ロゴ

エレベーターの定期的なメンテナンスで安心!

メンテナンスは大切

エレベーターは、世間的に安全な乗り物という当たり前なイメージがあります。その為にはメンテナンスは欠かせません。メンテナンスを定期的に行うことにより、問題なく動くことができます。故障や事故を未然に防ぐことができ、エレベーターに使用している部品の寿命を延ばすこともできます。もし、メンテナンスを行っている場合でも、異音がしたり揺れが激しかったり、ボタンを押したのに扉が開かない場合は、すぐに管理会社へ連絡をいれてください。

エレベーターの安全性

男性と女性

保守点検について

保守点検は、技術者が毎月エレベーターに異常がないか点検します。安全保持と性能維持の点検です。安全保持は、電気系や扉装置の故障がないか、またブレーキの不具合がないか点検をしています。性能維持は、部品と摩擦や破損がないか点検をします。点検をしないと部品の寿命が短くなったりします。点検の記録は必ず3年以上保管しておきます。

定期検査について

定期検査とは、検査員が半年~1年ごとに検査を行います。国土交通大臣が定める基準に適しているかどうか調べます。検査は、要是正、重要点点検、指摘なしの3段階になります。定期検査の記録保管期間は、3年以上です。

エレベーターコラム

エレベーター

エレベーターのメンテナスは大切!隙間に物を落とすと危険

普段からエレベーターに乗っている方も多いですが、扉の隙間に物を落とす方も多いようです。扉の隙間に鍵を落とした場合、どのようにして拾うのでしょうか。

READ MORE
ボタン

意外に知られていない!エレベーターのメンテナンスや設置義務

マンションやビルには、エレベーターが設置されているイメージですが、時々、5階建ての建物にエレベーターが導入されていない場合もあります。実際の法律では、エレベーターは何階から設置が義務付けられているでしょうか。

READ MORE

新着情報

安全が第一

日常からよく見かけるエレベーター。そのエレベーターも建物と同じように、老朽化しています。設置から25年を越したエレベーターは、部品が錆びてきたり、もしくは生産が停止されていたりする可能性があります。もし、故障をした場合は、エレベーターを休止してしまう恐れがあるので、適切なメンテナンスを行うことが大切になってきます。

広告募集中